「看護部」への医師業務のタスク・シフト

医師の働き方改革は、社会全体を支える医療現場を持続可能な形にするために今考えるべき最重要課題の一つです。
業務範囲を今一度見直し、現場全体の業務配分を最適化することで業務量に無理なく対応できる体制に変えていきましょう。
その解決方法の一つとして、ここで私が提言したいのは、「看護部への業務移譲(タスク・シフティング)」です。
これは、看護部へ医師の仕事内容を共有し、可能な範囲で適切に業務を移譲していくことです。これにより、看護師サイドに無理な負担をかけることをさけ、医師の業務負担を分散させることを目的とします。
具体的な内容としては、これまでの医師の仕事を「医師業務(医師以外不可能な領域)」と、医師の「準業務」に分解し、準業務を看護師(NPレベル・特定看護師)が、その他を看護師と看護助手に配分するというものです。
(イメージとしては山の斜面に作られた段々田んぼに上から順に水を満たしていく、というようにお考えいただくと掴みやすいかもしれません。)
これにより、医師にしかできないこととを明確に分け、時間や労力をを最適化させていきます。その過程において、看護師および看護助手の仕事も最適化していくのです。
医師の働き方革命がだいぶ具体的にイメージできてきたのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です