最適化で見えてくる医師の本来の業務

医師求人の情報を発信していく中で、長い間主治医制がとられてきた経緯を概観してみると、医師の働き方改革を進めていくための本質が見えてくるように思えます。

通常の医療行為は、医師の指示に基づき、組織的に提供されています。一人の患者に対し、直接的な診療・治療をする医師と、それをサポートするコ・メディカルの存在があり、日本的なチーム医療が成り立ってきました。
但し、近年各分野の専門性も発展してきたことで、組織としての関係性は従来のトップダウン方式から、自由に意見交換ができるフラットなチーム編成へと理想形の変化が生じてきてるようです。
もちろん基本としては、個の業務は独立して行われています。処方筆に応じて薬を処方するのは薬剤師、医師の治療をサポートするのは看護師、そして治療するための環境を整える等は看護助手の仕事となります。
診断や診療、あるいは処方(処方筆)、患者の容態をみて最終的に治療方針を決定していくことは、医師にしかできない業務内容です。
しかし、対等に意見交換ができる関係性があれば、例えば、患者さんを日ごろそばで看護している看護師から判断に有益な情報が得られるかもしれませんし、最新の専門分野の情報を踏まえたより患者さんに適切な処方があるかもしれません。
また、コ・メディカルとは言え、(だからこそ、とも言えますが)同じ職場の仲間としてきちんと意見を聞くようなコミュニケーションは必要です。
それが承認欲求を満たし、不満を軽減するガス抜きにもなりますし、各自の認識の差異を共有すれば、より同じビジョンで業務にあたれます。
医師には医療行為の責任があるので、最終的な判断はあくまでも医師本人が行わなければなりませんが、チームの仲間として各判断を聞く場を、設けることで、医師一人で責任を背負って悩むよりは結果的に多くの判断材料を得られますし、チームの士気も高まり、現場が活性化することでしょう。